リアルSEO:Vo.7 内部リンクを見直そう

あらゆる情報がクロスする構成は、複合語の検索に強いと言えます。
リアルSEO
リアルSEOホーム » リアルSEO BASIC » Vo.7 内部リンクを見直そう

Vo.7 内部リンクを見直そう


サイトを作成して、コンテンツが揃ってきたら、内部構成を見直しましょう。

サイトのボリュームが数ページだと内部リンクの効果というのは、あまり影響をもたないでしょうがこれが数十ページ、数百ページになるに従って、そのリンク構成によって、大きな差が出てきます。

通常のサイトですと、トップページの評価が一番高くなります。
お客さんに見て欲しいページの順番付けを行い、重要なページへのリンクを、目立つ場所やソースの上部に配置すると良いでしょう。

そして、関連性が高いページ同士をリンクでつなげましょう。
(このページを見たら、次はあのページを見て欲しいというユーザーへのメッセージかつ誘導でもある)


洋服屋さんの事例で見て見ましょう。

site_kousei.jpg

パンツ、シャツにそれぞれ、ABC、3つのブランドがあるとします。
この時、パンツ・シャツの階層から、それぞれのブランドへはリンクがあるのが普通の構成です。

上記の例だと、全部で9ページになります。

ここで、もう一歩踏み込んで、Aブランド、Bブランド、Cブランド同士をリンクし、ブランドごとの新たなジャンルを作ると構成に広がりができます。

(例:Aブランド一覧のページ ⇒ Aブランドのシャツとパンツがある)


そうすると、3ページ追加となり、合計12ページと、ボリュームもアップできます。

シャツのAブランドページを見て見ましょう。

youfuku.jpg


上記の例:タイトル 『Aブランドのシャツ:洋服屋さん』

ホーム >> シャツ >> Aブランド

のような、ナビゲーション(パンくずリスト)があり、サイドバーには、B、Cブランドへの内部リンクがあります。

メインコンテンツには、『Aブランドのシャツ』の商品一覧が並び、
さらにその下には、『Aブランドの一覧ページ』『Aブランドのおすすめ商品』

などを表示させます。


こうすると、サイト内での関連性が高いページ同士のリンクが増え、検索エンジンへの評価が高まります。こうしたあらゆる情報がクロスする構成は、複合語の検索に強いと言えます。

商品、サービスのさらなるカテゴライズにより、新しいお客さんを連れて来ることが可能になるかもしれませんね。(その他、色とか形とか、価格、サイズなど)


Vo.8 SEOで成果を上げる4大要素


無料診断
あの手この手で集客

私のサイトの価値は¥25,713,904.60