リアルSEO:Vo.3 規模・構造でたたかうSEO

量(規模)という指標はある意味絶対的な価値を持っています。
リアルSEO
リアルSEOホーム » リアルSEO BASIC » Vo.3 規模・構造でたたかうSEO

Vo.3 規模・構造でたたかうSEO


"AのサイトとBのサイト、どちらのコンテンツが優れているか??"
こうした 問題は見る人の評価によって変わります。

"AのサイトとBのサイト、どちらのコンテンツ量が多いか??"
これは明らかにわかります。

当然ながら検索エンジンは、文章や内容の良し悪しを人間ほど判断ができません。
(その判断を補うためにいろんな評価指標がある)


"量が多い"というのは有利に働くはずです。


ブログなどの簡単に更新できるツールが流行してからは量の価値は下がってしまいましたが、量(規模)という指標はある意味絶対的な価値を持っています。 これは検索エンジンにも分かりやすい指標です。


ある人が、『SEOは戦争に似ている』と言っていましたが、
これはかなり的を得ているかもしれません。

10人 対 1万人

の戦いでは、どちらが有利かははっきりしています。
(ただし、超近代兵器を持っていると変わってきますが)

同じ武器を持って戦えば、1万人が勝つでしょう。

ただし、1万人といっても、赤ちゃんを1万人集めても駄目ですよね?

戦える人員(WEBページ)を揃えて、きちんとした陣形(構成)をつくることが大切です。


サイトの構成ですが、

本と同様に、キレイに目次化されている方が、検索エンジンにもやさしいでしょう。

例えば、派遣業の例ですが、Aのようにコンテンツを整理する方が、集客をはかりやすいのです。

さらに、お客さんの立場(求人情報を探している人)に立って考えましょう。

医療・建築・IT系の派遣を同時に探す人はいませんよね?
情報はごちゃごちゃにしない方がよいのです。

規模と構造は、検索エンジンのシステムが変わっても、評価される要素なので、優先的に力を注ぐべきでしょう。WEB制作会社に依頼をする時も、この構成(本で言えば目次の部分)は自分で組み立てないと良いWEBサイトはできません。


Vo.4 ページ作成最低限のルール


無料診断
あの手この手で集客